千葉のデリヘルで知っておけば今よりもっと楽しめるはずのルールとコツってあるんです。

千葉のデリヘルを楽しむ為のルールとコツ

千葉のデリヘル界の掟

遠方のデリヘルは金が掛かるしブスが来る

投稿日:

遠方のデリヘルは金が掛かるしブスが来るデリヘル遊びをしたい時、少しでも美人と楽しみたいと願って最寄りの風俗店ではなく遠方で交通費が多少高くても美人を案内してほしいと願う男性がいるが、そのほとんどは想定外に美人とはとても言えない様な女性が案内されて落ち込んだのではないだろうか。

そして出張時などは嫁に知られずに羽が伸ばせるとデリヘル嬢を探しても、付近に繁華街もない閉鎖的な地域だった場合、こんなチャンスは二度とないからと交通費を払ってでもデリヘル嬢と楽しみたいと呼んだら、後悔したなんて話も良くあるのです。

交通費が掛かる遠方に美人は絶対案内しない

交通費が掛かる遠方に美人は絶対案内しないここで風俗店と風俗嬢の利益を考えてみれば非常に判り易いのかもしれません、デリヘルは女性の都合で、この日の何時から何時までを出勤しますという自己申告制の出勤パターンがほとんどと言われています。

デリヘル嬢の収益は案内された男性客が多ければ収益も多いし、全く男性客がいなければ無収入となるのが現実です。

人気嬢が8時間の出勤予定を言ってきたとするならば、リピーターが多いだけにそれなりに確実な収益が見込めます、最寄りのラブホテル街にお客様が集中すれば移動時間が少ないので、極論で言えば60分のお客様が7名と移動時間が1人に付き10分以内というのも可能です。

これが片道30分以上の遠方で受けてしまい、店の位置を基準としてまた反対方向に30分の場所で要望があれば、1人目のお客様まで30分、2人目のお客様までは1時間、お店に戻るのに30分という移動時間があるので、もしも60分要望のお客様ならば、合計2時間のプレイ時間に移動時間が2時間加算するので、4時間の拘束時間で2時間分の収益という事になります。

つまり、人気嬢ならばお店から最寄りのラブホテルまたは自宅から要望のあるお客様だけを受け付けて、遠方のお客様は断るといった状況なのです、デリヘル嬢の収益が上がるという事はお店の収益も上がるという具合なので、美人だったり人気嬢という女性を遠方のお客様に案内することは絶対的にありえないという事ですね。

では、何故遠方の交通費を記載しているかというと、全く電話がならない時間帯だったり、人気のない女性がいて、送迎スタッフの人数に余力があれば、片道1時間の遠方であろうと店の売上の為に案内することも想定して遠方の交通費を設定しているという訳です。

この様な事情があるだけに、お客様の要望が多い時間帯は送迎スタッフが足らないとなるだけに遠方のお客様は丁重にお断りするというデリヘルが多いのです。

遠方のお客様へ案内すれば、送迎スタッフはプレイ時間中に戻る事も出来ないので、付近で待機となるので、送迎スタッフが1人専属で必要となるので、遠方の交通費設定が高くても専属送迎スタッフの時給なども加算されているという事ですね。

デリヘルは意外と簡単に見つかる

デリヘルは意外と簡単に見つかる千葉県のデリヘルを利用する際、地図と見比べればわかりますが激戦区のほとんどは東京に近い地域にあるという事です。

一般的にはデリヘルの情報を扱う専門サイトで検索すれば大抵は見つかるのですが、それでも最寄りにデリヘルがないと思う方ならば、最寄りのラブホテルを調べてみては如何でしょうか。

こんな山の中にラブホテルがあるのかと見つけられたら、そこまで行けば電柱などに電話番号だけを明記したデリヘルの広告が必ず見つかると言う訳です。

電柱に張り紙をするデリヘルは正規のデリヘル店ではないだけに、本番はあるのは当たり前という事ですが、案内されてくる女性のほとんどは『おばちゃん』とか『韓国系の女性』というのが多いですね。

もちろん中には若い日本人女性もいるのですが、メンヘラだったり刺青が凄かったりと正規のデリヘル店とは大きく違ってきますけどね…

但し価格的にぼったくられたというのは少ないという噂です…

男性ならば本番ありというのは魅力的に感じるかもしれませんが、その女性の容姿に二度と呼びたくないと後悔する男性も多いとだけ言っておきましょうw

簡単に言えば、極端なデブの人妻が居たとして、人妻専門店で稼げるとは到底思えません、採用されて毎日出勤してもお客様から要望が無ければ稼げないので、そういう女性はテレクラとか自分で援助交際をするという訳です。

繁華街ならばテレクラ、最寄りに繁華街がなければどこで働くのか検討をつければ判り易いですよね(笑

-千葉のデリヘル界の掟

Copyright© 千葉のデリヘルを楽しむ為のルールとコツ , 2017 AllRights Reserved.